家族葬で気を付けたい事

お葬式の形式として家族葬を選んだ時、失敗しないお葬式にするためにも気を付けておきたいポイントがあります。そのひとつが、家族葬だからとお葬式に呼ばなかった方への対応をどうするのか、という点です。家族葬は限られた参列者だけで行われますが、その際に親しい方に対応をしておかないと、お葬式の後になぜ呼んでくれなかったのか、とトラブルになってしまう可能性もあります。そういった可能性を無くすためにも、事前にきちんと家族葬であるという事を伝えておいた方が良いでしょう。

もう一つ気を付けたいポイントは、費用を抑えやすいとはいっても絶対に遺族の負担にならない訳ではないという点です。通常の形式のお葬式に比べて費用を抑えやすい家族葬ですが、参列者の人数が限られているため一般的なお葬式よりも香典が集まらず、最終的には遺族にとって大きな負担になってしまう事があります。そのため、費用が抑えられるからというだけで家族葬に決めてしまうのではなく、どのくらいの人数でお葬式を行うのか、その場合どのくらいの負担となるのかを考えてからどの形式で行うのかを決めるようにしましょう。

家族葬は限られた参列者で行う形式であるため、それについて親族間でのトラブルになる場合も多くあります。例えば故人がお世話になった方を呼びたいと考えている方と、親族だけで行いたいと考える方でどちらにするかを決めなくてはいけませんし、その対応も決めなくてはなりません。そういった時に親族内での意思疎通ができていないと、参列者のトラブルに発展してしまう事があります。家族葬を行う時には、こういった点に気を付ける必要があるでしょう。