家族葬以外の形式とは

お葬式の形式には、家族葬以外にもいくつか形式があります。家族葬以外にどういった形式があるのか、それぞれの特徴と併せて覚えておくといざという時にどの形式で行うかを考えやすくなるでしょう。形式によって費用も大きく違ってきますし、お葬式の日程も大きく変わってきます。違いを知っておく事はお葬式の日程を考える上でも役に立ってくれるでしょう。

お葬式の形式の中で、家族葬と混同して考えられがちな形式が密葬です。密葬は家族や親類だけで行われるため、家族葬と同じ形式と考える人も多いですが、実際には家族や親族だけでお葬式を行った後に、本葬として一般の参列者も参加できるお葬式も行われます。密葬は本来非常に多くの参列者が見込まれる社葬、年末年始などお葬式ができないタイミングでお葬式を行う場合、先に親族だけで行うというものです。しかし、近年では本葬を行わずに密葬だけを行うというケースも増えてきており、必ず本葬をしなければいけないという訳ではなくなってきています。ただ、やはり基本的には密葬と本葬は両方行うものと考えておいた方が良いでしょう。

もうひとつ特徴的な形式として、直葬と呼ばれる形式のお葬式が挙げられます。この直葬は火葬だけを行い、通夜や告別式を行わないという形式で、ごく限られた近親者のみで行われる形式です。この直葬の大きな特徴は、やはりなんといっても火葬だけを行うという形式なため、通常のお葬式に比べて費用がとても安く抑えられるという点です。火葬だけを行うため経済的負担が少なく、20万円程度で行う事ができるなど費用を抑えたいという方にとって魅力的なお葬式です。ただ、直葬を行う場合は周囲の方へお葬式を行わなかったという連絡をして対応をしないと、トラブルの原因になるため注意が必要です。