家族葬などお葬式の費用を抑えるために

お葬式でどうしても考えてしまうのが費用です。お葬式をしたせいで経済的負担が大きくなり、その後の遺族の負担になってしまう事がないよう、お葬式の費用についてはしっかりと考えておかなくてはいけません。どういった事をすれば費用を抑える事ができるのか、家族葬など費用を抑えるための形式など、さまざまな知識を知っておく事で経済的負担の軽いお葬式をする事が可能となります。

お葬式の費用を少しでも抑えたいという時に、葬祭費の補助・扶助制度を利用すると費用を抑える役に立ちます。国民健康保険に加入していた場合、亡くなられてから2年以内にこの補助・扶助制度に申請する事で、最大で5万円の葬祭費が支給されます。形式によって費用を抑える事もできますから、なるべく安くなる家族葬などの形式を選び、その上でこの葬祭費を支給して貰えればかかる費用は安くなるでしょう。社会保険にも加入していれば埋葬料としてさらに5万円を受け取る事ができますから、きちんと保険に加入しているかどうかを確認しておくといざという時でも安心です。ただ、これらの支給額は自治体によって金額が変わってくるので、最初からあてにするのではなく、きちんと金額を確認してからにすると良いでしょう。

また、葬儀会社をきちんと選ぶという事も費用を抑える時には重要なポイントです。例えば自社で葬儀会場を持っていない会社では、通夜や告別式で使う会場をレンタルする事になり、その分余計に費用がかかります。また見積もりの時点では必要なかったものが必要になる場合なども多くあり、そういった説明を事前にしてくれない会社を選んでしまうと、お葬式の見積もりと実際にかかった費用が大きく離れている事も多く、想定していた以上の出費となってしまう事もあります。きちんと料金が決められている、自社で家族葬などの専用の葬儀会場を持っているなど、費用を抑えるために必要なポイントをきちんと知っておき、その上で葬儀会社を選ぶという事もお葬式の費用を抑えるためには必要です。