家族葬の特徴とメリット

家族葬の大きな特徴として挙げられるのが、参列者が限られるという点です。家族葬は故人の親類や親しい友人など、限られた人だけで行うという形式であるため、一般的なお葬式に比べて参列する人数が非常に少なくなっています。そしてもうひとつの特徴として、故人と親しい人たちだけで行われるため、アットホームな雰囲気で行えるという点があります。一般的な形式では、故人の関係者が多く集まるためどうしても堅苦しい雰囲気になってしまい、故人が明るい雰囲気で送って欲しいという希望があったとしても、それに沿ったお葬式をするのは難しいでしょう。しかし家族葬は故人の親しい人だけであるため、故人の希望に添ったものにしやすいという特徴があります。

そして家族葬のメリットとしては、まず何といっても費用を抑えられるという点です。お葬式では式場の準備、そして弔問に訪れた方への食事などで費用がかかります。これは参列してくれる方が多ければ多い程費用も高くなるため、参列者が限られる家族葬では用意する食事を減らす事ができますし、式場の大きさもそこまで大きくなくて良いため、費用を大きく抑えられます。お葬式をする事でその費用が遺族の負担になってしまっては意味がありません。そのため、費用を抑えてお葬式を行えるというのは大きなメリットではないでしょうか。

家族葬の特徴とメリットを知る事は、どういった形式でお葬式をするのかを考える際に必要な事です。特徴やメリットを知る事で、他の形式と比べてどちらを選ぶのかを判断しやすくなります。もしお葬式の形式をどうするか、家族葬をするかどうか悩んだ時には、まず最初にこういった特徴やメリットがある事を把握してから考えてみてはどうでしょうか。